スポンサードリンク



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


宇和海御荘
4/29(土)、4/30(日)にかけて宇和島遠征いってきました。29日の昼すぎに現地に到着、まずは近くの漁港とかで釣り開始。現地の人の情報によるとアオリは終盤ぎみとのこと。釣れそうな各漁港ではエサ釣り(グレ)とか、サビキ釣り、アジの泳がせ釣りと釣りもさまざま。魚影の濃さがうかがえる。


2.5のエギサイズのアオリイカもすでに無数確認できるもののエギには反応しない模様。ただしベイトにはすごく反応して追いかけていた。メバル用のワームとか反応しそう。
夕マズメで先生が500gぐらいのアオリを1パイゲットするものの反応はなくなり、明日への期待でてきた。


アオリ
日付は変わり30日、朝から予約しておいたレンタルボートで御荘湾へ出陣。ボートから丘ッパリからは攻めれないような地磯を攻める作戦のスタート。まずは前回渡船で釣果のあった白灯台まわりを叩いてみた。が、前回キロオーバーがいたポイントもアタリなし、秋イカのいそうな浅めポイントでとりあえずキープぐらいのアオリイカがポツポツ。


考察
 イカのいる場所いそうな場所
  ・地磯と地磯の間の凹んだ箇所 
  ・藻場があること、下げた時なら岩にも藻やカキなどついてる
  ・ごろたが沈んで起伏のある底
  ・水深10mぐらいの磯先で流れがよれてベイトがついている場所

釣果
 先生10杯
 じゃっく船長2杯

  


スポンサードリンク




テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用 コメント:(1)


このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/05/04 16:04】 | #[ 編集]













管理者にだけ表示を許可する

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。